スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2010.04.17 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

心機一転

 髪切った。

ながーいながーい髪の毛。

かれこれ4年ぐらい放置。

いやぁ、ほんとここまでよく伸びたもんだ。

距離感わからず何度、汁につかったことか。。。



サッパリっす。






Before





After




髪きったら、この「笑ってごまかす英会話」終わろうと思ってまして。

わたしの中で、髪切ることを一つの区切りだと考えておりまして。

なので、サッパリしたところで、このブログ終わります。



2009年4月から始まったCANADA留学。
人生最大の「思いきり」はすっばらしい経験になった。
いろんなもの得た。
いろいろがんばります、これから。




見てくれたみなさん、ありがとーーーーー!!!!


また新しいブログ作るかも〜、

その時はまたみてください〜




MAYU


食って寝て驚いて

 日本に帰ってきて早いもので4日たちました。

まだまだ眠い。時差ボケ恐るべし。

そして時差ボケを口実に、寝まくっている。

食っては寝て、食っては寝て。。。。


日本に着いたその日に、迎えにきてくれた友人と早速居酒屋へ。

間違いなく、日本のビールはうまかった。

居酒屋メニュー最高っす。





母に晩ご飯のリクエストを毎晩する。

今のところ、聞き入れてくれる母。

いつシカトされるか。。。。


一日目「からあげ」
    家の唐揚げが一番うまし。

二日目「ハマチ」
    このハマチが、新鮮な魚屋で売ってないと連絡がはいる。
    
    私、調子のって「中トロでおねがいします。赤身やったらいらんで」発言。

    いつもならシカトされるところを、「しゃーねーなー」と受け入れてくれた母。
    
    ゆーてみるもんやなー。。。。。。今の私、最強やなー。。。と思ったり。


三日目「サバの塩焼き」
    わたし、ほっけよりもサバの塩焼き派です。好物です。






のんびり過ごしてるわたし。
なのに、まわりはのんびりしてない。
何をみんなそんなにあせってんだよ!気楽に行こうぜ!
もっと一人を楽しもうぜ!











「結婚する〜」

「子供できた〜」
 
    
 







もー心臓に悪い。
毎晩そんな報告を受けている私。
ひさびさだね〜なんてゆってる場合じゃない。




毎晩寝れやしない。




   

夢の世界はこれでおしまい。

 もう4月ですねー。

3月はとんでもなく忙しかった。

うれしい忙しさ。

さぁ、ついに長い長い旅もついに最終章。





月始め、アメリカはNew Yorkへ。



大大大都会。
ネオンとビルの高さに驚くばかり。

museumがたくさんあって、いろんな作品を鑑賞した。
すごく刺激をうけたよ。

観光名所と呼ばれるところはほぼいったかな。
場所によってさまざまな雰囲気があって、ほんまにおもしろい街やった。





一週間のNew York旅行を終え、一日休んで次!





CubaはHavanaへ。



「チェ ゲバラ」知ってる人多いと思うけど、私まったくこの人の知識がなく、ちゃんと勉強
していったよ。

かっこいい。

至るとこに肖像画が絵がかれてるのです。

お札ももちろん。

先着1名にこのお札お土産であげるわ。ご連絡くださいまし。

ユネスコに登録されてるだけあって、とても歴史の感じる街でした。






ここからあっと言う間に日々は過ぎていく。



ほぼ毎日人に会い、ほぼ毎日飲み歩き、ほぼ毎日深夜帰宅。





兄貴の友人ReubenがTorontoに遊びにきた。
Edomontonに住む彼はわざわざ私に会いにきてくれました。
niceな外人でした。








Kayoさんと「Silverstain」のライブに行った。


彼らはスクリーモ系バンドで、サマソニにも出演したことあるバンドらしい。

まったく知らんかった私。チケットも$15。小さなライブハウスで。
安いのでいってみる。


ひさびさなこの感覚。
みんながみんな大暴れ。危険。とっても危険だったわ。


いゃー若い頃を思い出したよ。楽しかったしよかったし、満足だったわ。
ちゃっかり写真もとってもらい、えー思い出になりました。






バイト先の友人とわたし行きつけの韓国料理屋で「カムジャタン」を食べる。



このボリュームで$6.20ぐらい。
これが食べれなくなるのはほんまに悲しい。
週一でいける。









猫ホテルの勤務、終了。
最後に一緒に働いたアマンダと。



ほんまに楽しい仕事やったし、いろんな経験できた。ここで出会えた人は
一生繋がっていたいと思える、そんな素晴らしいスタッフのそろった仕事場でした。








日本食レストランの勤務、終了。
オーナーの加藤さんと。


変わった人やった。。。ほんまに。
怒鳴り散らされまくりやったけど、最後は私のためにスペシャルまかないを
作ってくれて、すこしジーンときた。
ここで出会ったスタッフはみんなが仲良しだったので日本で会えるのが楽しみだわ。








一足さきに仲良しのまゆみが日本に帰った。
空港でパシャリ。



いろいろ世話になったね〜。
ほんと語り尽くせないぐらいの思い出がいっぱいだよ。










NBAのバスケットボール見に行った。
すごい!!!!!の一言。


はまった。もっと早くから見にいっとけばよかったとすんげー後悔。








猫ホテルスタッフのLenaと高級中華料理屋へ。


スーパー女子高生Lena。
英語わからんくても分かりやすく説明してくれて、すごくいい友達。
英語の会話もぜんぜん苦じゃなかった。

それにしても高い店やった。。。。









猫ホテルオーナーのお嫁さんのかおるさんとスタッフのかよさん。
送別会に、Japanese restaurantに連れてってくれた。


たらふく、恋しかった日本の味を堪能した。
旦那の愚痴をいいあっている二人の話を聞いていて、うらやましいと思ってしまった。








この他、ハードロックBarへいったり、Pubでしこたまビール呑んだ後、家でしこたま
朝までビール呑んだり、packingに手こずりスーツケースに八つ当たりしたり。。。。





そして最後の日、


SuzanneとKimと過ごしたのです。

二人でせっせと鼻歌歌いながら掃除をし、

Suzanneに「これは私のタイプの映画じゃない」といいながらも
つきあってもらった「Alice in wonderland」を見に行き、

Kimと合流して、三人で中華を食べにいき、

地下鉄の中で写真を撮りまくり、

packingしてたらダメだしされ、うざくなり部屋から追い出したり、

荷物重量オーバーってゆってるのに、あれやこれやお土産渡されたり
、、、、、、、



この二人と過ごした最後の日。




朝、やっぱり涙ありのおわかれでした。

いろいろあったけど、やっぱりこの家で過ごせてよかったと改めて思った。










Finally finished my long long journey.
Dear My Friends,,,,,Thank you for everything!!!!!





あぁー夢の世界はこれでおしまい。
あっ、わたし日本帰ってきたよ!
また遊んでやってください。
















しつこい男はダメよ。

去年、キムが私のために探してきた私の彼氏候補A。

携帯番号渡されたが、どこの誰かもわからん相手なので放置してた。

そしたら彼からメールがくる。



英語の勉強になると思い、しばらくメールのやりとりが続いた。




ここでまず。




かなりしつこい。




「Where are you now?」




この質問が、ひっきりなしにはいってくる。




あまりにもしつこいので、返事返さなくなった。




すると、毎日電話かかってくるよーになる。もちろんメールも。




キムにこのことを話す。


「もう、彼の事は忘れなさい。遊んでる場合じゃないよ!あなたには時間がないんだから。
 次も見つけてるから、彼の事はほっときなさい」







!?!?!?!?







おいっ!!!!!


おめーが頼んでもないのに紹介してきたんだろが!!!!!!



しかもジムで出会っただけの男を100%信用して大丈夫だからと言い切っておきながら!



数日後、キムは彼に「彼女は忙しいから会う事ができない。忘れなさい」
と話したらしい。




キムからこの話もちかけといて。。。。 さすがだわ。






しかし、電話はとまらない!!!!





そして私、

「わたしの事は忘れてくれ!あなたと会う事はできません」

とメールする。




するとね。。。。。。

「心配ないよ!わたしたちは一緒になれる!don't give upだよ!
 わたしたちはお互い一緒になりたいんだから、はやく会いましょう!」

だって。







。。。。。怖い。
どーーーーーしたらこんな解釈になるんだ?

しかも一回も会った事ないのに。








この後、




映画の誘いがくる。

無視。





同じメールが次の日も来る。

無視。






次の日
「あなたは映画が好きでしょ?わたしたちは一緒にいくよ!」

だって。



いつ、わたしが映画好きってゆったよ?
もう、これは恐怖のなにものでもない。







キムとスーザンに再び話す。





キム「よし、一度会いなさい」       






!?!?!?!?!?




恐怖だと伝えたのが通じてなかったのでしょうか?
まさかの返答に思わず日本語でつっこんでしまったわ。




スーザン「私、顔がみたい。写真だけ送ってもらおう、まゆいますぐメールして!」


だって。






だめだ。
この親子だめだ。
なんの解決にもならねー。







キムのおかげで、まったく知らぬ男に悩まされる日々。







後残り一ヶ月、何事もありませんよーに。
なんせ、保険はいってないんだから、私。。。。。















懐かしき日本

 最近、毎日のように飲んでる。

ビールとワイン。


この日、gay barにいこーという話になり、仕事仲間と集まった。

まずは、最近openしたJapanese izakayaへ。

はいって言われた言葉。
「いらっしゃいませー!」


あぁー、ひさしぶりに聞いたこの挨拶。


店の中は日本の居酒屋そのものでした。



でもせっかくカナダにいるのに、来る必要ないなって思った。
ただ、まちがいない!!!日本のビールはうまかった。




この後、gay bar に行く予定が急遽変更になり、
初のカラオケにいく。




TorontoにはKorean Townがあって、
韓国系のお店には大概日本のものが置いてある。
カラオケも日本の曲が数ページのってた。

でもさ、ハングル文字で書かれてたり、、、、探すの大変。

subtitlesはもちろんハングル。
カラオケのアナウンスもハングル。




韓国の世界。


私、クォンサンウが好き。↑

PVにでてんだよ、日本で売れた俳優陣たちが。
キャーってなった。
年とった証拠やな。



ここからビールの勢いはとまらず。



韓国のお酒ソージュ。
日本の酒よりもアルコール度数は高い。
でも飲みやすいからぐいぐいといってしまう。

ボトル二本あけましたー。




結構いい気分になってきた頃。
酒のあてに、仕事場でもらった巻き寿司を食す。



しずちゃん。
巻き寿司持ちながらずっと歌ってやんの。
かわいい。



私をのぞいたこの三人、おもしろい経歴をもった人達なのです。

いろんな国の友達を作るのも留学の楽しみではあるけれど、

日本人にもいろんな人がいて、

それぞれの仕事の話だったり恋愛話だったり、、、、、
いやぁーほんとおもしろい。


なにより、日本に帰ってからも会おうと思えば会える距離だし、

このつながりは大事にしたい。







朝方まで飲みました。
まだまだいけるじゃん。って思いました。

















一人旅 to Quebec(最終日)

12時45分の列車に乗らないといけないとゆーことで、 朝からバタバタ。 

8時にはホテルをCheck outして、残りの貴重な時間、有意義につかった!

 まず、ぜったい行きたかった食堂。 

地元の人がいくような、ケベック料理の食べれる食堂。 


これに豆のスープとパンもついて、$13ぐらい。

朝からかなりヘビーだった。 

最後の方、どーしても残したくないがために、水で流し込んでた。。。。。 

執念です。

 店をでて、店の写真を撮っていると、

一人のおばさんが声かけてきて、 写真とってくれた。  

このおばさんと30分ぐらい立ち話した後、 

「もし時間があるなら、この辺案内するよ」ってゆってくれた。

 地元の人なので、いろんな穴場スポットに案内してくれたんだ。

 街にはたくさん、こんな壁画が描かれてるんだー。



ほんとに親切な人だよ、この人。
わたし、なんか人のあったかい心に感動してしまった。



あっ、名前はミッシェリン。 

あるギャラリーに連れてってもらう。 

ミッシェリンの息子は絵描きだそうで、 とっても素敵な絵をかいてるんだー。 真ん中の鮮やかな色の絵がそう。

この後もいろいろと連れてってもらう。

 


会話もとっても楽しかった。

フランス語発音の英語と日本語発音の英語、それでも伝わるもんなんだよ。

 

最後は車でホテル付近まで送ってもらう。 

「私たち、もうお友達だね。」といって、E-Mailアドレスを交換した。


 

時間がなかったため、ほんの一時間たらずだったけど、 すんごい楽しかった。


ミッシェリンと出会えた事は、わたしにとってかなり大きな出来事だった。。。。。。 






今ではメル友だよ。 





ミッシェリンとわかれた後、展望台に行く。 
最後にふさわしい場所。 Quebec cityを一望できる。  

あぁー感無量だね。 すばらしすぎて、時間を忘れて居座ってしまった。 

そのおかげで、最後はダッシュで駅まで向かう。 

そして無事列車にも乗れ、 Montrealで乗り換えのため、すこし街を探索した後、

 Toronto行きの列車にのり込み、 5時間、思い出を振り返りながら、

日記かいたり、音楽きいたり、写真見たり。。。。。。暇だった。。。。。。 






すばらしい!!!!
 もうわたし、なんでもできちゃうよ!!
 ぜったい寂しいわ。。。と思ってた一人旅は、まったく寂しさを感じず、
 最初から最後までわくわくどきどきで、 どうやら完全にはまりそうだな、と思った。


 一番大きかったことは人との出会いかな。 ほんとに素晴らしい旅行だった。







一人旅 to Quebec (二日目)


 Quebec旅行二日目。

朝から気合い十分。

歩いて歩いて歩いて、、、、一日中歩きまくり、一日でほぼQuebec City回りきった。

それほど小さい街なのです。


Quebecの街並みはほんとにかわいい!かわいすぎる!!!!!
フランス語圏なので、聞こえてくる会話も町並みもフランスだった。
小さな小さなフランス!


町並みはほんとにカラフルで、なにからなにまでかわいい!!!!












おしゃれーーーーーな住居。







winter carnivalにも行ってきた。

いろんな種類の
彫刻が飾られて
たけど、
クオリティーの
高さはやはり日本の方が勝ってるよーに思う。












かわいすぎてみとれてしまった。















































Museumにも行ってきたー。


バービーの展示してて、タダでみれた!
すんげーおしゃれ。
いろんなドレス着たバービーに会えた!


さんざん写真撮った数分後、警備員に「写真はダメだよ!」
と怒られた。
撮り終わってからだったもんで、まぁラッキーだったとゆーことで。。。。









フェリーにも乗った。
知り合いに教えてもらった。
「流氷を砕きながら前に進むフェリーにはぜったいに乗れ!」

感動しちゃった。
一人で興奮です。

フェリーからみたQuebec city。That's awesome!!!!!






Château Frontenac シャトーフロンテナック

これがQuebec cityのシンボルとも言えるホテル。
超高級ホテル。
次回はここに泊まりたい。。。

城壁内には大砲が至る所においてある。























Notre dame de quebec ノートルダム大聖堂

すばらしいの一言。
15分ほど座って「無」になりました。






食事は、、すべて甘い物。

クレープが有名と
いうことで、
朝からがっつり。
これ、めっちゃでかい。
この私が、残してしまった。












今まで食べたチーズケーキの中で、
No.1でうまいと思った!
激うまっ!
あっさりしてて
すごく食べやすかった。













そして夜。
美しいーーーーー!!!
街がキラキラーーーーーーーーー!!!!




このホテルの前はスケートリンク。



Petit Champlain プチ・シャプラン通り
ここは、有名なオシャレ通り。
北米でもっとも古い繁華街。


この通りで、今日も一人のケベコアのおにーさんに出会った。

男前でした。

そんで、いろいろ案内してもらった。

あぁー素敵な街だわ。



今日一日、いろんな人に出会い、
いろんな場所に行き、
いろんな人に出会い、
いろんな感動があり、、、、、



それはそれは大満足な一日でありました。






一人旅 to Quebec (一日目:夜)

 ホテルで荷物を軽くし、街を探索しに出かける。

薄暗くなった夜の街は、ネオンで照らされた建物が幻想的に見えて、

とても美しかった。



Parlement (州議事堂)









ちょうど、北米一の雪祭りQuebec winter carnivalが開催されていたので

街の至る所で、氷の彫刻を見る事ができた。




こいつがマスコット。
歴代のマスコットがずらり。 こいつちょっと怖い。。。かわいくない。。。。





ホテルの近所をぶらぶらした後、お楽しみの夜ご飯。

Casse-Crepe BRESTON

クレープ屋さん。人気のお店。      
いや、、、ほんとにおいしかった。







この後、一人のケベコアのおっちゃんと出会う。

日本の歌が大好きで、そのきっかけとなった人物「坂本九」を崇拝している。

少し会話したあと、いきなりアカペラで坂本九の歌、歌いだした。

わたし、ほぼしらん。

と思ったら、「魔法使いサリー」の歌を歌いだす。

????????

結構長い事聞かされたな。。。。。



そののち、意気投合し、街を案内してくれた。




ラッキーな事に、



Quebecの象徴ともいえる、
高級ホテルFairmont le chateau Frontenac(シャトーフロントナック)
の高級barでお酒おごってもーた。



初めてのマティーニ。
しかもこんな素敵なBarで飲めるなんて、、、、

こんだけで17ドル、、、日本円で1700円ぐらい。


このおっちゃん、ミュージシャンらしく、
日本デビューすることが夢らしい。

CD四枚もくれた。サイン付きで。


あっ、名前はMichel

話がおもしろすぎて、もーーーsooooooo interestingでした。

簡単に書くと、

*十代の時にbest leather 賞に選ばれたらしい。
 ベストジーニストみたいなもん。

*続いて、Best chest 賞に選ばれたらしい。
 胸筋の美しさを競うらしい。        



数々の栄光があるんだよ、と自慢していた。



*その後、デッサンヌードモデルで生活する。
 ポーズまでとってくれました。

*その後、ストリッパーに転職。
 仕事の時の話をくわしーーーーーーーく教えてくれた。
 舞台裏の話だったり。

*その後、歌手に転職。
 




もー話が濃すぎて、十分酒のあてになりました。






いや、ほんとおもしろいわ。

旅の楽しみの一つは人との出会いでもあるね。

ただ、わたしってなんでこうも変わってるとゆーか、濃い人に出会うんやろ。。。





数時間で結構Quebecの街を堪能してしまった。
おっちゃんに感謝。



初めての一人旅 to Quebec (一日目)

私、すごい方向音痴。
私、すごい記憶力ない。
カナダにきて,これすごい思う。


そんな私が、一人旅にでようと決意したのは、

最近の生活がまったりすぎて、刺激になるものがなくなってきたから。

そしてなによりも、ここにはぜったい行きたかったから。


Quebec city   城壁内外に存在する街。
        「ケベック旧市街地の歴史地区」として、街自体が世界遺産に登録
          されている。









死にませんように。。。。
無事に帰ってこれますように。。。。。








旅の出発はVia trainで。



Via Rile    大陸横断できる列車。
               「世界の車窓から」 みたいに、ゆっくり走って景色を楽しめる。
  


私の座席。
座り心地は快適。



 ランチ

   私の働いてるレストランでの
 残り物。
 完全に日本食毎日食ってるよ。
 ほんとありがたい。 
 食費かかんないもんね。







 デザート
   
 おはぎ。
 これも残り物。 
 純和風ですよ。
 改めて日本食のうまさを実感
 しています。











TorontoからMontrealまで5時間。

MontrealからQuebecまで3時間。

長い列車の旅。



Quebecに近づくにつれて、積雪量も増してきて、
外の景色は、おもわず声をだしてしまうほど素晴らしいものでした。


素晴らしい建物がちらほら。


川は完全に雪で埋ってる。






遂に到着!!!!


パレ駅  駅とは思えないほど立派な建物でした。




こっからが、私の試練。
まず地図が読めない私、、、、、

初っぱな、駅の中で迷う。

でもね、人間追い込まれたらなんでもできるもので。


「地球の歩き方」を肌身離さず持つ。






ホテル到着。
私的にはすんなり着けたんじゃないかと。

Auberge internationale de Quebec



ここのユースは模範観光所として受賞されるほどの有名な所。

  8人部屋。
  一番安い部屋。


 綺麗、快適。
 あの値段なら
 文句なしです。














無事ホテルまでたどりつけた私。


ここから、いろんな出会いがあった。
人、景色、食べ物、建物、作品、、、、、、








2泊3日、1000枚以上の写真撮りました。

少しずつアップします。

次は観光編で。








彼の虜

 

いまさらながら、、、、

「24」に大ハマりなわたし。
Season1 からSeason6まで、まとめてKayoさんに
貸してもらった。

ほんとに止められない。

ジャクバウワーに完全に支配されてしまった、わたしの生活。


帰宅0:30
視聴開始2:00
視聴終了5:00
消灯5:15
起床13:00
視聴開始13:30
視聴終了16:15
外出(仕事)16:30

これが、私のここ最近の「24」






| 1/5PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM